はじめに

当サイトをご覧いただきありがとうございます。 

当サイトは、今なお歌い継がれる数々の童謡を残した詩人である北原 白秋の半生を描いた映画『この道』(2019年公開)のファンサイトです。 

『この道』の出演者および関係者・関連企業によるオフィシャルサイトではなく、大ファンの一人である運営者が管理・運営しているサイトなので、本サイトに掲載の内容についてのご意見・ご感想は運営者まで直接ご連絡ください。 

映画『この道』や詩人 北原 白秋が好きな方はもちろん、北原白秋を演じた大森 南朋さんや山田 耕筰を演じたEXILE AKIRAさんのファンの方も、さまざまな人が集まり情報交換出来るサイトにしていきたいと思っています。 

まずは映画『この道』に興味はあるけど、まだあまり知らないという人のために、少しだけ紹介します。 

2019年に公開された映画『この道』は、明治から昭和という激動の日本の中で「雨ふり」や「からたちの花」、「この道」など心に残る数々の童謡を残した詩人 北原 白秋の半生を、音楽家であり最大のパートナーであった山田 耕筰との関係性とともに描いた感動の物語です。 

北原 白秋の半生を映画化と聞いた時、「えっ…、あの破天荒だけど、人たらしで、愛嬌たっぷりな北原 白秋を演じられる人なんているのかな…」と思ってしまった運営者ですが、映画を見終えた後、そんな心配は無用だったと痛感しました。 

そんな人間味たっぷりの北原 白秋を見事なまでに演じきったのが、映画「ハゲタカ」で日本アカデミー賞助演男優賞を受賞し、大河ドラマ「龍馬伝」にも出演した演技派俳優の大森南朋さん。そして北原 白秋と共に素晴らしい作品を作り上げた音楽家 山田 耕筰を演じたのが、アーティストEXILEのメンバーでダンサーのAKIRAさんです。 

キャリア的にも共通点がなく、タイプも真逆に感じる二人ですが、その正反対な雰囲気が実際の北原 白秋と山田 耕筰の関係性そのままのようで、引き込まれること間違いありません。そんな二人が、混沌とする日本で、「日本の子どもたちに、日本人による童謡を創ろう」という目標に向かって突き進む姿は必見です。 

さらに詳しく知りたいという人は、当サイト「あらすじ(ストーリー)」ページをご覧ください。 

当サイトは、見ていただいたすべての人が気持ちよく閲覧できる健全なファンサイト運営を目指しています。そのため掲載されている内容についてのご意見やご感想には、真摯に対応させていただきますが、誹謗中傷等につきましては、厳正に対処させていただくことをご理解ください。 

なお、掲載されている情報は、誤りの無いよう細心の注意を払っておりますが、誤りや誤解を与えかねない表記を見つけた場合、運営者までご連絡いただければ幸いです。 

また、サイト内の画像や文章の無断使用・転載は禁止しています。 

ニュース

いつの時代もギャンブルと作家・詩人は切っても切れない。現代ならオンラインカジノか?

詩人を含む作家とギャンブルの親和性 ギャンブル好きの作家としては、現代では直木賞作家・黒川博行氏や森巣博氏が有名ですが、昔からギャンブル(賭博)を趣味とする作家も多いです。 北原白秋と時代を共にする明治・昭和期の有名な作家では、菊池寛も無類のギャンブル好きとして知られており、「ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負だ」という名言?を残しています。 ここまで来ると、もはや清々しさも感じますね。 ギャンブルを嗜んでいたことで有名な詩人 作家、とりわけ詩人の中にもギャンブルを嗜んでいた人もそれなりにいます。 イングランドからは、ジョージ・ゴードン・バイロン郷、ロシアからはアレクサンドル・プーシキンなど、日本に限らず世界中に存在します。 北原白秋については、特にギャンブルが好きである、といった話はありませんが、非常に荒れた生活を行っていましたし、作家仲間にはギャンブル好きが当然いたはずなので、麻雀などを嗜む程度にはやっていたと考えるのが自然かもしれません。 なぜ詩人・作家にギャンブル好きな人が多いのか では、なぜ詩人・作家にギャンブル好きな人が多いのか、という疑問を持つ方もいると思います。 この疑問は、実のところ、あまり正確ではありません。 なぜなら、詩人・作家でないギャンブル好きな人も数多くいるからです。 より正確に言えば、なぜ詩人・作家はギャンブルが続けられるのかといった方が良いでしょう。 その答えは、「社会生活を送れなくても、ギャンブルをしていたとしても、詩人・作家なら誰も気にしないから」です。 たとえば、普通にサラリーマンをやっていたとしたなら、長期間、しかも多くの金額を毎回のように賭けていた場合、精神状態が持ちません。 くわえて、ギャンブルは昔から多くが夜に行われます。 したがって、終わる時間も真夜中か、場合によっては早朝になるケースもあります。 毎日決まった時間に職場に行き、決まった作業をするのに、ギャンブルはあまりに肉体的・精神的な負荷が大きいのです。 当然、問題なくこれらをこなしてサラリーマンをやっている方も存在しますが、大きな賭けをしながら社会生活を送れる人はかなり少ないでしょう。 一方、詩人・作家なら、基本的に仕事の定時はありませんし、なんならほとんど仕事をしていない人もいます。 ...
Read More
VeraJohnスロット

AKIRAもはまってた!日本におけるギャンブルとはベラジョンカジノ?

映画「この道」にて、山田 耕筰を演じたEXILE AKIRAさん。アーティスト、俳優として幅広く活躍しているEXILE AKIRAさんですが、若いころにかなりギャンブルにはまっていたことを告白しています。EXILE AKIRAさんは友達に誘われたことをきっかけに18歳から26歳までスロットを楽しんでいたのだとか。 少し前までは、日本ではギャンブルというと危ない、不幸になる、というネガティブなイメージが先行していましたが、最近では娯楽として気軽に楽しむ人が増えています。 特にオンラインカジノが誕生してからは、ギャンブルの敷居が一気に下がったといってもいいでしょう。 そこでこの記事では、日本におけるギャンブルについて解説していきます。 日本におけるギャンブル これまで日本ではパチンコや競馬、競輪などのギャンブルが楽しまれてきました。特にパチンコにおいては、かつては10兆円産業とも呼ばれ、多くの人が利用してましたよね! パチンコではアニメや芸能人とタイアップしたマシンが多く導入されており、いつの時代も多くのギャンブル好きを魅了してきました。 そして、最近では日本におけるギャンブルのあり方が少しずつ変わり始めています。その理由が、オンラインカジノの誕生です。オンラインカジノとはヨーロッパのサービスですが、最近では日本国内から利用できるようになり、少しずつ日本国内で人気を集めています。 特に日本で人気のベラジョンカジノでは日本人ユーザー向けのイベントを豊富に開催しており、よりプレイヤーが楽しめる仕組みが整っています。これらのイベントでは豪華な賞品が用意されているので、プレイヤーの間ではかなり盛り上がります。 もちろんオンラインカジノは無料で登録することができます。そのため、興味がある方は気軽にアカウントを作成してみるといいでしょう。 オンラインカジノはスマートフォンからも利用可能 オンラインカジノが近年人気を集めている理由が、スマートフォンからプレイできるという点です。少し間まではオンラインカジノはパソコンからしかプレイすることができませんでしたが、最近では多くのカジノゲームがモバイル対応となっておりスマートフォンやタブレット端末からもスムーズにプレイできるようになりました。 また、オンラインカジノによってはスマートフォン専用のアプリを用意しているものもあります。そのため、場所を選ばず、いつでもどこでもカジノゲームが楽しめるようになったのです。 このおかげで通常のゲームアプリ感覚でオンラインカジノが利用できるようになったので、若者を中心に人気を集めるようになってきているのです。 オンラインカジノを利用してみよう ここ数年でギャンブルがより身近なものとなっており、映画「この道」に出演しているEXILE ...
Read More

北原白秋が現代に生きていたら。彼の人間性に関する考察とオンラインカジノの普及を考える

この映画の主人公北原白秋は、「雨ふり」や「からたちの花」「この道」など、今も日本人の心に残る数々の童謡を生み出した稀代の詩人として知られています。彼が活躍した時代は明治から昭和へと移行する激動の時代。多くの人々が歴史の荒波に翻弄され、様々なストーリーが紡がれたときでもあります。 北原白秋はその破天荒な人柄がよく知られていますが、詩人としての彼の功績はそうそうたるものでした。詩、童謡、短歌が多く知られますが、それ以外にも、「松島音頭」や「ちゃっきり節」などの新民謡も有名です。その作品の多くは今も歌い継がれており、彼が活躍した時代は「白露時代」とも呼ばれています。 作詞活動における功績以外に関する北原白秋のスキャンダル的エピソードとして有名なのは、彼が姦通罪で告訴された事件でしょう。北原白秋が東京に暮らしていた当時、となりの家に住む、夫と別居している最中だった人妻と恋に落ち、のちにその夫から告訴されてしまうという事件です。当時もちろんスキャンダルとして取りざたされ、彼の名声にも傷がつくこととなりますが、隣の家の夫妻が別居中だったことを考えると、実情ははたして罪として問われるべき内容だったのかどうか、疑問が残ります。昔から、非凡な才能を持つ芸術家に女性関係のトラブルは多くつきまといます。英雄色を好む、という言葉もあるように、傑出した才を持つ人間にはそういった出来事はきっても切れないものなのかもしれません。人として少しバランスを欠く部分があるからこそ、何かの能力にパラメーターが高く振り分けられている、人とはそういうものかもしれません。 北原白秋が生きていたとしたら。芸術家とオンラインカジノの親和性 ところで北原白秋は女性問題が取りざたされましたが、かくいう運営者はギャンブルを高尚な趣味として、また日々の生活における一縷のスパイスとして、嗜んでいます。自分も傑出した才がある、といっているわけではありませんが(笑)彼が生きていたらきっと同じ趣味を分かち合えたのではないかと日々妄想する毎日です。運営者は女性関係にはあまり興味はありませんが、今はほぼ毎日、自宅からオンラインカジノでギャンブルにいそしんでいます。運営者が毎日稼がせてもらっているのはここ、オンラインカジノ情報サイトたからくじです。 思えば北原白秋に限らず、歴史に名を残している音楽家や画家、政治家、スポーツ選手などは女性関係や金銭面でのトラブルに悩まされていることが多いように思います。次回以降、同様の悩みを抱えていた著名人一人一人にスポットをあてて紹介していきたいと思いますが、たとえばさっと思いつくだけでも、その破天荒な人格で数々の物語のテーマとなっている稀代の音楽家モーツァルトや、女性関係のエピソードには事欠かない天才画家ピカソなど、数え上げれば枚挙に暇がありません。彼らのような真の天才となると、その芸術活動に付帯するストレスもおそらく並大抵のものではないでしょう。そのはけ口として、一般の人々からは考えられないような、特殊な性癖や、行動に及んでしまうのも無理のないことかもしれません。 運営者は特に、学生時代より賭け事全般の親しんでいたこともあり、何かというとストレスのはけ口はギャンブルでした。マージャンやパチンコなど、一般的な賭け事はおおよそ網羅してきましたが、最近はもっぱらオンラインカジノが憩いの場となっています。様々なサービスが充実しており、初心者でも、いつでもどこでも簡単に安全に楽しめるオンラインカジノは現代人のストレス発散の場として非常に優れていると考えています。 北原白秋が真実どういった人物かは、現代を生きる私たちには知ることはできません。ですが、彼の類まれなる才能を鑑みるに、多くの悩みに囲まれて生きていたであろうことは想像に難くありません。語り継がれる北原白秋のスキャンダル的エピソードの真偽がどうであれ、その才能や作品が賞賛されるべきものであることには変わりがありません。人格に少しくらい欠点があったほうが人間味を感じられ、作品にも深みがにじみ出てくる、ということかもしれませんね。運営者は著名人の人間性のほころびのような部分を見つけるたびに、その人物が好きになっていきます。人間らしさってそういう部分にこそ感じられるのかもしれません。 ...
Read More